un jour / cafe et potager

Gateau basque au chocolat

LE CAFE DU BONBONのショコラレッスン第2弾は
『ガトー・バスク・オ・ショコラ』
d0181160_2353449.jpg


ガトー・バスクとはバスク地方の伝統菓子で
もともと、ブラックチェリーのジャムを詰めるのが一般的だったもの
今は、クレーム・パティシエールやクレーム・フランジパーヌ、
プルーンや栗を入れたり、チョコ味にしたりetc.etc.
様々なアレンジのものが作られているようです

作り方は、手間はかかるけれど、作業一つ一つはそれほど難しくはない
・・・のですが、焼き型に敷きこむ作業が、ちょっとやっかい

今回は、底と側面をパレットで敷きこんでいき、
残りの生地を伸ばして、冷やし固めたものを、
クレーム・パティシエールの上に蓋のようにかぶせていく方法でした

このパレット使いが、なかなかコツがつかめず苦戦(涙)
これは、何度も練習が必要ですね。。。

それでもなんとか、敷きこみを完了し
後は低温で長時間かけて、しっかりと焼きこんでいきます
そうすると、とても素朴だけど、濃厚でパンチのあるお菓子に仕上がるのです

コーヒーや濃い目に入れたミルクティーととっても相性がよさそうで
くせになる美味しさは、たまりません(笑)

ただ、色々とアレンジが効くお菓子なだけに、
基本とポイントをしっかり押さえないと冴えない味になってしまいそう・・・
美味しいし、簡単そうだけれど、実はなかなか、手ごわそうな奴です
復習&リベンジあるのみですね!

それにしても、本場のガトー・バスクを食べたことがないので、いつか食べに行きたいなー
[PR]



by un-jour_cafe | 2012-10-24 00:10 | 教室

カフェのこと、菜園のこと、そしてあれこれ
by un-jour_cafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Twitter

ファン

ブログジャンル

画像一覧